ミニタオル.com

オリジナルミニタオル・ミニハンカチ専門

ノベルティ・オリジナルグッズに最適!! オリジナルミニタオル.com


オリジナルデザインで制作可能なミニタオル(ミニタオルハンカチ)は、記念品をはじめ、販促ノベルティとしてもオリジナルグッズとしても人気No,1のアイテムです。最近では「ご当地ゆるキャラ」の制作アイテムとしては必須となりました。
 
ミニタオルは小ロットから製作でき、低価格・高品質・短納期で、お客様のニーズにあった単色刷りから写真などのフルカラーまで印刷が可能です。
弊社ミニタオルはミニタオルだけにこだわり格安で激安な価格を目指しております。

価格改定のお知らせ


平素より当サイトをご利用いただきありがとうございます。
当サイトでは、2022年10月出荷分より、商品価格を改定させていただきます。
弊社ではお客様のご期待に添うべく、価格の維持に尽力して参りましたが、原材料の値上げ、物価上昇に伴う経費の高騰を受け、以前の価格維持が困難な状況となりました。
今回の改定によりお客様にご迷惑とご負担をお掛けしますことを深くお詫び申し上げますとともに、諸般の事情をご賢察の上、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

ミニタオルの特徴

■規格サイズ


19cm角をはじめ20cm・22cmのミニタオルからと25cmハンドタオルサイズの4種類をご用意いたしました。
 

■素材・仕様


綿100%国産加工(今治産)にこだわりヘム(四辺縁)はお洒落なメロー加工(巻きロック)仕上げになっております。
 
また印刷は製版代のかからないインクジェット染料プリントのシャーリング仕上げですのでフルカラー等の多色刷りには経済的効果が高く、顔料プリントに比べ色鮮やかな仕上がりです。
 
また、インクジェットプリントは、従来の色分解等の費用もかからず写真画像や複雑なデザインなどを鮮明に表現できます(ご指定されたカラーと実際に製作しましたものは多少の色ブレ・くすみ感が出ることがございます。また金、銀、蛍光色などの特殊色はプリントできません)

■顔料プリントと染料プリントの違い


染料とは繊維のセルローズと共有結合して繊維の一部となる化学染料の事を言います。それに対して、顔料プリントは顔料をバインダー(糊の一種)を使用して繊維の表面にバインダーを媒体として表面付着させる方法です。
 
染料プリントと顔料プリントの根本的な違いは色が繊維の中まで浸透しているのと表面付着しているのとの違いがありますので自ずと風合いが違ってきます。
 
顔料プリントは比較的プリント表面が固いのに対して、染料プリントは繊維のセルローズと共有結合して繊維の一部となっていますので、目をつぶってプリント面を触った場合プリント部分とプリントをしていない部分との風合いの差が殆ど無い状態になっています。
 

■シャーリング仕上げとは


シャーリングとはタオルのループを刈ってカットパイルにする事を言います。
滑らかな肌触りがありインクジェット等のプリント加工に向いた表面仕様です。